アキラ100%、秩父観光大使に就任! しかし、初日に悲劇が...

2月1日(木)14時0分 Jタウンネット

見えそうで見えないというか見えたらまずい

写真を拡大

服を着ている姿を見ることが珍しい——と聞くとやや危険な感がなくもないが、それがお笑い芸人のアキラ100%さん(43)なら、「なるほど」と思えるだろう。全裸の状態でお盆を使って局部を隠す、という芸風は確かに服を着ていると成立しない。

そんなアキラ100%さんが小脇にお盆を抱えながらも、しっかりとスーツを着込み久喜邦康秩父市長と並んだ姿が、2018年1月25日、秩父市の公式サイトに掲載された。


市長に呼び出されるようなことをしてしまったわけではなく、1月1日付で就任していた秩父観光大使の委嘱書交付の一コマだ。



もし見えてしまったら...?


アキラ100%さんは自身のツイッターで自分の出身地や母校に言及しており、地元は秩父で秩父鉄道を使って熊谷西高校に通っていたと、2016年に投稿。秩父市の公式サイトでも「秩父市近戸町出身」と明記されている。


ピン芸人が出場する「R-1ぐらんぷり2017」での優勝で一気に知名度が上がったこともあり、秩父市からの委嘱で観光大使へと就任したようだ。秩父市のイメージキャラクターである「ポテくまくん」もツイッター上で自分が先に宣伝部長になっているとけん制しつつ、紹介していた。


ボクのぬいぐるみを持っているこの紳士は...そう!アキラ100%さんだよ!このたび「秩父市観光大使」になってもらったの〜ヽ(^o^)
ちなみにボクの方が「秩父市宣伝部長」になったの早いからね。
( ̄ヘ ̄) エッヘン!#だからどうした #知名度違いすぎ #アキラ100% #秩父市出身だよ #秩父市観光大使 pic.twitter.com/ViYA7zHv8Q
- 【公式】ポテくまくん(埼玉県秩父市) (@potekuma_kun_) 2018年1月25日

秩父観光大使就任はアキラ100%さんが初めてではなく、2009年に演歌歌手の冠二郎さん、THE ALFEEの桜井賢さん、落語家の林家たい平さん、俳優の藤原竜也さんと豪華なメンツが就任している。


このメンバーに自身が加わることを、アキラ100%さん自身もネタにするかのようなツイートを行っていた。


新年早々アレだったもんで当日に言いづらかったんですが、、
私、アキラ100%は2018年1月1日から秩父市の観光大使になりました!
演歌歌手の冠二郎さん
THE ALFEEの桜井賢さん
落語家の林家たい平さん
俳優の藤原竜也さん
ときて、アキラです!
よろしく頼まー。https://t.co/wzpGlkjjz7
- アキラ100% (@akira100p) 2018年1月6日

気になるのは、本人も言及している芸風だ。観光大使に就任した1月1日には、生放送中にお盆と取り落としてしまい(中略)土下座しながら退場するという事態が起きた。観光大使就任は大丈夫なのかと危惧するような、あるいは暖かく見守る(?)ような投稿がツイッターでも見られる。


観光大使に就任して間もなくあの事件、大丈夫かね。
アキラ100%さん、秩父市の観光大使に 魅力発信へ、女優のクララ・ボダンさんと1月1日に就任 https://t.co/Ds8MPAnePl
- ふーさん (@foochan3974) 2018年1月6日

興味本位で秩父市のwikipediaを見てみたら有名人物の一覧が五十音順なせいで1人目がアキラ100%でくそわろたwwしかも観光大使である
観光大使就任の当日に公共の電波でボロンした人も古今東西この人くらいではなかろうかhttps://t.co/KY8Obl2gAE
- ユーゴ(呟)|c||^.- ^||@終わらないAセメ (@twhr1448A) 2018年1月24日

確かに秩父市のイベントなどに全裸お盆スタイルで登場し万が一のことがあれば、大いに盛り上がるにしてもまずいことになるかもしれない。


ただし、すでに観光大使に就任している4氏のPR活動などを確認すると、市のイベントに登場するというよりは、各々がテレビやライブ、舞台などで秩父のことに言及し、さりげなくPRをするというパターンが多いようだ。


林家たい平さんは、昨年放送されていた西武鉄道のPRCM「ちちんぶいぶい秩父」で、女優の土屋太鳳さんと共演しているが、カメオ出演的な内容で落語を披露しているわけではない。そう考えると、アキラ100%さんも自身の活動を通して秩父のPRをすることが期待されているのだろう。別の意味でも少し期待をしてしまうのだが......。


なお、2016年11月10日付の「秩父市議会だより」では、観光大使の活動について市から市報を送付している状態で、将来的にコンサートやトークショウへの出演を依頼したいとなっていた。

Jタウンネット

「アキラ100%」をもっと詳しく

「アキラ100%」のニュース

BIGLOBE
トップへ