マクドナルドの名前募集バーガー、応募500万件から「北のいいとこ牛っとバーガー」に決定

2月22日(月)14時7分 BIGLOBEニュース編集部

マクドナルドの名前募集バーガー、応募500万件から「北のいいとこ牛っとバーガー」に決定

写真を拡大

日本マクドナルドは、2月2日の販売と同時に名前を募集した「北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮称)」の正式名称を発表した。


日本マクドナルドは、食べてみたい、親しみやすいと感じてもらえる商品名を一般から募集する史上初の「名前募集キャンペーン」を2月15日まで実施。5,016,926件もの応募の中から、グランプリには「北のいいとこ牛(ぎゅ)っとバーガー」が選ばれた。2月23日からは正式な商品名として3月中旬まで販売される。


審査では、“北のいいとこ”という言葉で北海道の食材であるポテトとチーズの美味しさ、“牛(ぎゅ)っと”でベーコンやオニオンソースで全体が上手くまとまった美味しさ、“牛(ぎゅ)”で100%ビーフの美味しさを表している点などが評価された。受賞者にはバーガー10年分に相当する142万3,500円が贈られる。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マクドナルドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ