都内で「カープ応援酒」を見かけるようになって、広島出身記者は狂喜乱舞してます

6月23日(土)20時0分 Jタウンネット

少なくとも記者の中ではブーム(2018年6月、記者撮影)

写真を拡大

応援しているチームのグッズをついつい買いたくなるのがファン心理——と以前「計算能力以上に『カープ愛』が求められる 背番号で学ぶ『℃℃℃ドリル』をやってみた」でも同じようなことを言った広島出身のJタウンネット記者だが、今回もそういう話である。


前述の記事冒頭、記者は近所のスーパーでカープチューハイが売っており、それをしばしば買っていると書いている。そのときは深く考えてもいなかったのだが、その後、神奈川在住の同僚から、「カープハイボールが近場のショッピングセンターで売ってたので、喜ぶかと思って買ってきました」と渡されたのだ。


記者は都内、同僚は神奈川。しかし手にしているのは同じ中国醸造(広島県廿日市(はつかいち)市)から出ている「カープ応援酒」シリーズである。ひょっとして、首都圏で今、カープ応援酒がブームなのだろうか。



以前から飲食店では見かけていたが


「カープ応援酒」の説明をしておくと、中国醸造から販売されているその名の通り、カープ仕様の酒類のことだ。「レモン」「ピンクグレープフルーツ」「うめ」の3種類があるカープチューハイのほかに、カープハイボール、カープ梅酒。さらに「カープびいき」という芋焼酎と日本酒が存在する。

広島駅のお土産コーナーなどで見かける、実にわかりやすい広島感溢れるアイテムだが、別に都内で見かけることが皆無、入手難易度が高いというわけではない。



広島ブランドショップ「TAU」(中央区銀座)をはじめとするアンテナショップではもちろん、広島風お好み焼きなどの都内にある広島系の飲食店では、店内に「カープびいき」などが並んでいることが少なくない。記者がよく行くお好み焼き店でも「カープびいき」とチューハイが常備されている。



さらに、中国醸造のオンラインショップでも取り扱っているので、外食時でなくとも楽しむこともできる。とはいえ、都内在住の記者が「今日はカープチューハイを飲むぞー」と思い立ち、コンビニやスーパーに行くと買えるというものではない。はずだった。


しかし、今現在記者は帰宅時にスーパーでカープチューハイ(レモン)を購入し、晩酌に消費している。神奈川でも販売されているということは、記者の気づかぬうちに首都圏で一般的になりつつあるのだろうか。だとすると、カープの消費への貢献は相当なものだ。


まずはメーカーに聞いてみた


早速、Jタウンネットは製造販売元である中国醸造に取材を行った。やはりリーグ連覇でカープファンも激増、首都圏での「カープ応援酒」シリーズも需要増となったのか。


「広島県外への出荷量に地域差がある、ということはなく、首都圏だけ伸びているわけでもありません。ここ数年で大きくは増えているわけではないので、リーグ優勝や連覇が影響していることはないかと思います」

担当者から寄せられた回答は、意外な内容。オンラインショップでの注文は約3割が首都圏からのようだが、これは分母が大きい分消費者も多いから、と思われる。また、県外で需要が多いのは基本的にカープを応援している飲食店からで、小売店もアンテナショップが中心とのこと。


「他地域でのカープファンの方々の増加により、需要が少しずつ増えつつあることは実感しております。カープが勝った日は売り上げが増加することもあります」

ちなみに、人気商品はカップ酒タイプの「清酒 うまいじゃろ カープびいき」とカープチューハイシリーズのようだ。


仕入れ担当がめっちゃファンだった


中国醸造からの回答を見る限り、首都圏で「カープ応援酒」が激増しているわけではないようだ。では記者の近所のカープチューハイは何なのだろうか。これはもう店舗に確認するしかない。スーパーに赴き聞き込み(?)を行うと、酒類の仕入れ担当者が匿名で話してくれた。


「あまり大きな声では言えないんですが、私がめっちゃカープファンだから仕入れました」

食品を扱うのでカープ応援グッズを仕入れるわけにはいかず、何かカープらしいものをと考えて目についたのが、カープチューハイだったわけだ。


「大々的に『カープ応援酒あります!』と打ち出すのは店舗のカラーとも合わないので、ひっそりと広島の名産品ということで、各地の地ビールや名酒に紛れて置いています。定期的に購入されているので、量は多くないですが仕入れは続けていますよ」

確実に記者が購入している分が貢献しているはずだ。



肝心のカープチューハイ(レモン)の味だが、爽やかなレモンのチューハイである。癖がなく甘さも強すぎないので食中酒にもいいし、もちろんカープの試合を見る際のお供としてもいい。まるか食品(広島県尾道市)の「イカ天瀬戸内れもん味」との相性も非常にいいので、是非2品を揃えてご賞味いただきたい。

Jタウンネット

「記者」をもっと詳しく

「記者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ