社会人の4割、残業が"恋活"に悪影響 「恋人を作る意欲がわかない」「活動ができない」

6月25日(月)19時13分 キャリコネニュース

ランスタッド・リサーチインスティチュートは6月25日、残業とプライベートに関する調査の結果を発表した。調査は、20〜69歳までの会社員と公務員・団体職員1800人を対象に実施された。

日常的に残業をしている未婚男女のうち「残業によって恋人を作る意欲がわかない」という人は13.7%、「恋人を作る意欲はあるが活動ができない」という人が27.6%だった。合わせて41.3%は残業が"恋活"に悪影響だと感じているようだ。

恋人や配偶者との関係にも影響が 「ストレスできつく当たってしまう」

残業がプライベートに与える影響

恋人や配偶者がいる人に、残業がパートナーとの関係に及ぼす影響について複数回答で聞くと、「体力的・心理的に疲労を感じてしまう」が41.9%に上った。また「業務のことが頭から離れない」という人が15.4%、「ストレスで家族やパートナーにきつく当たってしまう」という人も13.2%いた。「家族やパートナーとの予定をキャンセルすることが多い」も12.8%だった。

いわゆる"過労死ライン"と言われる月80時間以上の残業をしている人の場合は、「体力的・心理的に疲労を感じてしまう」割合が56.1%にも上っている。残業があまりにも多いと、デートに行く体力や気力すら失ってしまうようだ。

また「業務のことが頭から離れない」人が26.8%、「きつく当たってしまう」が24.4%、「予定をキャンセルすることが多い」が34.1%となっている。「特に影響はない」という人はわずか7.3%に過ぎなかった。

ただ、実際には仕事よりもプライベートを優先したいと思っている人の方が多く、83.8%に上った。しかしそのうちの43.2%は、「プライベートを優先したいが、現実には仕事を優先している」という。

未婚率の上昇や少子化が社会問題となって久しいが、働く男女が余裕を持って恋愛や結婚をするためには、残業を削減する必要がありそうだ。


キャリコネニュース

「残業」をもっと詳しく

「残業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ