大豆県全国2位の宮城 季節に合った豆が並ぶ専門店が仙台にオープン

10月2日(月)7時10分 Jタウンネット

「だいず屋まめ○(まめまる)」のホームページより

写真を拡大

[OH!バンデス—ミヤギテレビ]2017年9月20日放送の「バンデス記者」のコーナーで、大豆の専門店がオープンしたと紹介されました。



宮城県でしか生産していない大豆も並ぶ


宮城県は大豆の作付面積と収穫量が、北海道に次ぐ2位です。特に県北部に広がる大崎平野では、気候が大豆の作付けにあっているため、色々な種類の大豆が収穫されています。


オープンしたのは、仙台三越の近くにある「だいず屋まめ○(まめまる)」です。大崎市にある大豆専門の卸会社が運営していて、季節にあった大豆が並びます。


健康と美容をテーマにした店で、数十種類の大豆・豆腐・みそなどが売られています。宮城県でしか生産していない「ミヤギシロメ」という品種も売られています。


大豆は栄養分が豊富なので、健康のために役立てたいですよね。店内にはカフェスペースもあり、大豆のスムージーが飲めます。おススメの大豆も時期ごとに違うそうですので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?(ライタ—:sakuranezumi)

Jタウンネット

「宮城」をもっと詳しく

「宮城」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ