4月17日(水)の天気 大阪や名古屋で雷雨の可能性あり

4月16日(火)16時40分 ウェザーニュース


2019/04/16 16:31 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・大阪や名古屋は雷雨の可能性
・日差し控えめでも寒さなし
・北海道はシラカバ花粉シーズンが近づく


大阪や名古屋は雷雨の可能性

明日17日(水)は、日本の南海上を低気圧が進む影響で、西日本・東日本では雲が多いすっきりしない空になります。

また、湿った空気が流れ込んで雨雲が発生しやすくなるため、西日本や東日本などではニワカ雨の可能性があります。中でも、東海甲信から近畿、九州南部では雷にも注意が必要です。お出かけの際は、折りたたみ傘をお持ちください。

日差し控えめでも寒さなし

明日は、各地とも20℃前後まで上昇します。

西日本・東日本は、雲で日差しが遮られるものの、この時期らしい気温で寒さはあまりありません。

北日本は晴れて暖かい空気が流れ込むため、札幌で23℃、帯広で24℃と6月から7月並みの気温となり、道内で初の夏日になる可能性もあります。東北も、福島や山形では24℃の予想で、5月下旬並みの気温となる予想です。

「暖かい」を通り越して、「暑さ」を感じる所もあるかもしれません。

ただ、朝はまだ1ケタの気温で、昼間との気温差が20℃近くなる所もあります。急な気温の変化で体調を崩さないように、服装でうまく調節し、体調管理を万全に行ってください。

北海道はシラカバ花粉シーズンが近づく

北海道では、そろそろシラカバ花粉のシーズンが近づいてきています。
道内は明後日18日にかけて気温が高く、この暖かさで花粉が飛び始める可能性も。早めに対策をしておくと安心です。


ウェザーニュース

「名古屋」をもっと詳しく

「名古屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ