山陽新幹線 15日新大阪−小倉間で終日運転取り止め JR西日本が台風10号に備え計画運休

8月14日(水)11時25分 BIGLOBEニュース編集部

JR西日本ホームページより

写真を拡大

JR西日本は14日、台風10号の接近に伴い山陽新幹線の新大阪駅−小倉駅間の運転を15日終日取り止めると発表した。


大型の台風10号は14日から15日にかけて西日本に接近・上陸するおそれが高まっている。これに伴いJR西日本は、山陽新幹線の新大阪駅−小倉駅間の運転を15日は終日取り止めると発表。小倉駅−博多駅間は、1時間に1本程度の運転を行う予定で、詳しい運転計画は決まり次第知らせるとしている。


在来線では広島・山口エリアの在来線も計画運休を実施。15日のすべての列車を終日運休とし、14日の夕方以降も台風の影響により大幅な遅れや運転の取り止めなどを行うとしている。また、岡山・福山エリア、山陰エリア、京阪神エリアの在来線も15日の運転を見合わせる可能性があるとしている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「計画運休」をもっと詳しく

「計画運休」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ