週間天気  夏の暑さ一転11月の寒さ

10月12日(木)11時53分 tenki.jp

この先は東北から九州にかけて秋晴れはしばらくお預け。雨具が手放せない1週間です。夏の暑さから一転、最高気温は北海道から九州にかけて平年より低くなるでしょう。11月並みの日が多く、肌寒い日が続きそうです。

あすの天気

あす13日は、前線が西日本や東日本を南下するでしょう。一方、高気圧が日本海に移動し、北日本に張り出す見込みです。またフィリピンの東を熱帯低気圧から変わった台風が西に進むでしょう。

<各地の詳しい天気>
沖縄は午後に雨や雷雨があるでしょう。海上ではうねりを伴って波が高いでしょう。高波にご注意ください。九州から東海や北陸は昼頃まで雨の降る所が多いですが、関東は夕方まで雨が残る見込みです。東北と北海道は昼頃には雨はやむでしょう。次第に天気が回復して、晴れる所もありそうです。

<各地の気温>
北海道から九州にかけて、きょう12日よりも低くなる所が多いでしょう。特に気温の変化が大きいのは関東甲信です。あす13日は一気に気温が下がるでしょう。関東甲信ではきょう12日よりも5度以上低くなる所が多く、10度前後も下がる所もありそうです。平年よりもかなり低く、11月並みの寒さとなるでしょう。きょう12日は半袖で過ごせる所も、あす13日は一気に気温が下がり、長袖や羽織る物が必要です。急激な気温の変化で体調を崩さないようにご注意ください。九州南部はきょう12日より低くなるものの、夏日の所が多いでしょう。沖縄はきょう12日と同じくらいで真夏日の予想。厳しい暑さが続きそうです。

あさって以降の週間天気

この先、北海道から九州にかけて、気圧の谷や前線、寒気の影響で曇りや雨の降る日が多いでしょう。

<14日>北海道と東北は高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。関東から九州と沖縄では、前線の活動が活発になり、広い範囲で雨が降る見込みです。

<15日〜16日>日本付近を気圧の谷が通過し、前線は北上する見込みです。北日本は寒気の影響を受けるでしょう。北海道から九州にかけて雨となりそうです。

<17日〜19日>北日本は高気圧に覆われますが、気圧の谷や寒気の影響を引き続き受けるでしょう。本州の南には前線が停滞し、関東から九州にかけても曇りや雨ですっきりしない日が続く見込みです。

<各地の最高気温>
あさって14日以降、最高気温は北海道から九州にかけて10月下旬から11月並みの所が多くなりそうです。関東では20度に届かない日が続くでしょう。東海から中国、四国にかけては20度くらいの所が多く、肌寒くなりそうです。九州では週の後半にかけて次第に気温が下がり、週明けには11月並みの気温になるでしょう。ただし、沖縄だけは真夏の暑さ。那覇では、さらに10月の最高気温30度以上の真夏日記録を更新しそうです。

tenki.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

天気をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ