松坂桃李が“娼夫”演じる『娼年』真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太ら「Le Club Passion」のメンバー写真解禁

2月5日(月)11時0分 映画ランドNEWS

作家・石田衣良の同名小説を、主演・松坂桃李×監督・三浦大輔のタッグで実写映画化した『娼年』が4月6日(金)に公開される。この度、松坂桃李が演じる“娼夫”リョウが働く女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のメンバーの場面写真が解禁となった。


娼年


原作は、性の極限を描いたセンセーショナルな内容を描き、2001年の直木賞候補となった石田衣良の同名小説。恋愛や女性に「興味がない」主人公・森中領が、ある女性から“情熱の試験”として、秘密の会員制ボーイズクラブで“娼夫”として仕事をしていくところから物語が展開される。


娼年
左から:咲良(冨手麻妙)、御堂静香(真飛聖)、アズマ(猪塚健太)

大学生活や女性との関係にも充実感を感じられず、大学にも行かずにバーでのバイトに明け暮れる森中領(松坂桃李)。ある日、領の中学校の同級生でホストクラブに勤める田嶋進也 (小柳友)が、御堂静香(真飛聖)をバーに連れてきた。「女なんてつまんないよ」とつぶやく領に興味を持った静香は、仕事終わりの彼を待ち受け、自分の家に招き入れ“情熱の試験”を受けさせる。それは、実は静香が手がける女性専用コールクラブ「Le Club Passion」に入るための試験だった。その時、領の目の前に現れたのが耳が聴こえない謎の女性・咲良(冨手麻妙)だ。


入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。ある日、静香から、クラブのトップクラスの売上を誇る猪塚健太演じる平戸東(通称:アズマ)を紹介される。猪塚健太は舞台版「娼年」に続いての出演だ。



映画『娼年』は4月6日(金)より全国公開


【CREDIT】

主演:松坂桃李 ほか

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)

公式サイト:http://shonen-movie.com/


(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「真飛聖」をもっと詳しく

「真飛聖」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ