長渕剛、20年ぶり映画出演!主演映画『太陽の家』2020年に劇場公開

4月5日(金)15時41分 映画ランドNEWS

長渕剛の主演映画『太陽の家』が2020年に劇場公開されることが決定した。長渕は本作で、20年ぶりにスクリーンに蘇ることとなる。


太陽の家


今年デビューから40年を迎え、20年ぶりにスクリーンに帰ってくる長渕剛。その40年の節目の年に挑むテーマは「愛と信念」。本作で長渕が演じるのは、神技的な腕を持つ大工の棟梁で、普段はサングラスに強面風に見えるが、やんちゃで人情味の厚い男である主人公・川崎。単純だけど実直な一人の男の「愛」が、不器用で臆病な少年の心を成長させていくストーリーとなり、人と人との「愛」を爽快に描いた感動作となる。


メガホンをとるのは、「相棒シリーズ」や「監査役 野崎修平」の監督を務め、様々なTVドラマや映画の助監督を経て独自の演出を確立し、現在最も注目されている監督の一人である権野元。また、脚本を手掛けるのは、「桜田門外ノ変」、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」などのヒット作を手掛けた江良至。脇を固める共演陣も、主演級の豪華キャストが続々と決定しているといい、今後も注目が集まる。さらに、GYAO!では特設ページが公開され、長渕剛の独占インタビュー映像を公開している。


GYAO!「長渕剛40周年特集」:https://gyao.yahoo.co.jp/special/nagabuchi40th/


映画『太陽の家』2020年全国公開


(C)2019映画「太陽の家」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「長渕剛」をもっと詳しく

「長渕剛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ