「演技が見事」監督絶賛!韓国屈指の“濃すぎる”俳優陣集結『毒戦』キャラクターポスター

9月5日(木)13時0分 シネマカフェ

『毒戦 BELIEVER』(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

写真を拡大

韓国で2018年、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえて初登場第1位を記録した驚異のヒット作『毒戦 BELIEVER』。この度、チョ・ジヌンら韓国屈指の“濃すぎる”演技派俳優が顔をそろえたキャラクターポスターが解禁となった。



「ノワール映画に挑戦する中で、僕が一番達成したいと思っていたことは、それぞれのキャラクターをできるだけ魅力的に引き立たせることだった!」と、イ・ヘヨン監督が最もこだわり、韓国屈指の演技派俳優が集結した本作。

今回解禁となったキャラクターポスターには、まさに“濃すぎる”面々が勢ぞろい! 『お嬢さん』や『工作 黒金星と呼ばれた男』のチョ・ジヌン演じる“執念のマトリ(=麻薬取締官)”ウォノ刑事。


『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』のリュ・ジュンヨル演じる“組織の捨て犬”ラク。


『コンフィデンシャル/共助』のキム・ジュヒョク演じる“闇マーケットの王”ハリム。


さらに映画ドラマだけでなく、バラエティ番組「三食ごはん」で人気のチャ・スンウォン演じる“残虐なクリスチャン”ブライアン理事。


ドラマ「ミセン -未生-」のパク・ヘジュン演じる“狡猾なドラッグディーラー”ソンチャンと、劇中、執念や欲望、裏切りが複雑に絡み合う5人の登場人物のキャラクターが一目で分かるポスターだ。



また、ポスターにはそれぞれキャラクターの印象的なセリフも配されており、姿なき麻薬王“イ先生”を追いかけるウォノ刑事の「必ず捕まえる」という言葉に対し、麻薬組織から捨てられたラクが放つ「あなたには僕が必要だ」という言葉は誰に向かうものなのか、本編への期待が高まる。

イ・ヘヨン監督は「役者陣の演技が見事の一言。俳優全員が見事にプロフェッショナルだったので、監督として私の要望を伝えるだけよかった。役者陣のエネルギーに引っ張られるかたちで制作にのめり込んだ。この映画はキャラクター映画といっても過言ではない。俳優たちの顔で覚えられる映画であってほしい」と惜しみない賛辞を贈っている。


『毒戦 BELIEVER』は10月4日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ