ハリソン・フォード、“デッカード”として35年ぶりの来日決定!

9月21日(木)4時0分 シネマカフェ

『ブレードランナー 2049』

写真を拡大

1982年公開の『ブレードランナー』の続編となる、ライアン・ゴズリング主演『ブレードランナー 2049』が来月、日本でも公開される。この度、公開に先立ち、本作で“ブレードランナー”デッカードを再び演じるハリソン・フォードが来日することが決定。デッカードとして35年ぶり、映画のプロモーションとしては9年ぶりの来日となる。



今回来日することが明らかになったのは、『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、数々の代表作を持ち、数々の作品で来日を果たしてきたハリソン。一昨年には、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で30年ぶりにハン・ソロを演じ、来日にも期待が集まったが残念ながらその夢は叶わず…。

そんな彼が俳優人生の集大成ともいえる古希を迎えて以後、初の来日に選んだキャラクターが、ハン・ソロ、インディ博士と並ぶ彼の代名詞であり、自身の人気を確立させたこのブレードランナーの“デッカード”だ。ハリソンがデッカードとして来日するのは今回が2度目で、前作で来日した際は、インタビューで「デッカードは、これまでのインディ・ジョーンズやハン・ソロとは違ったタイプの男なんだ」と自ら語っていた。

さらに“世界で最も美しい顔100人”の常連のアナ・デ・アルマス、モデル出身の世界が認める美貌とマルチな演技力を持つヨーロッパが誇る“魅惑の美女”シルヴィア・フークス、約半年ぶりの来日となるヴィルヌーヴ監督らの来日も決定! 来月10月18日(水)実施予定のジャパンプレミアにて、日本のファンの前に登場するようだ。

ファンの間では、前作の公開から30年以上経ったいまなお、“恋人である女性レプリカント(人造人間)と共に姿を消したデッカードの行方”や“デッカードの正体”など、様々な謎について議論が繰り広げられており、そして本作ではデッカードの抱える“秘密”が新たに明らかになるとのうわさもあり、この来日で“全世界未解禁の衝撃的な事実”がハリソンの口から飛び出すことも期待せずにはいられない。

『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ハリソン・フォードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ