古巣相手に同点FK弾…サネがマンCの勝因を語る「必ずチャンスが来る」

2月21日(木)11時46分 サッカーキング

同点となる直接FKを沈めたサネ [写真]=Bongarts via Getty Images

写真を拡大

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが20日に行われ、マンチェスター・Cがシャルケを3−2で下した。試合後、公式HPの『UEFA.com』がマンチェスター・Cのドイツ代表FWレロイ・サネのコメントを伝えている。

 試合はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのゴールでマンチェスター・Cが先制するも、シャルケのアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブが2つのPKを決めて、シャルケがリードを奪う展開に。それでも85分にサネが同点となる直接フリーキックを叩き込むと、90分にはイングランド代表FWラヒーム・スターリングが逆転ゴールを挙げ、マンチェスター・Cが敵地で白星をあげていた。

 同点ゴールを挙げたサネは以下のようにコメント。ユース時代から2016年夏まで所属していたシャルケに対してリスペクトを示すとともに、マンチェスター・Cの勝因について語った。

「まず第一に、敵地で勝つことができて、さらにアウェイゴールを3つも奪うことができて嬉しいよ。今日は僕たちにとって非常に難しい試合だった。監督は素晴らしい準備をしたと思う。彼は僕たちに警告していたんだ。厳しい試合になるってね。もちろん、僕はシャルケでプレーしていたから、チームのことも、このスタジアムの雰囲気も、ファンの影響力も知っている。シャルケの戦いぶりは本当に見事だった。2つのPKは間違いなく僕たちに大きなダメージを与えたよ」

「シャルケが勝ち越して2−1とした時、彼らは自信に満ちていた。だけど、僕たちもチームのクオリティに関しては自信を持っている。それに、チームは素晴らしい攻撃陣を揃えている。勝ち越された後も、試合のどこかで必ずチャンスが来ることはわかっていた。そのチャンスを今日は生かすことができたね」

サッカーキング

「マンC」をもっと詳しく

「マンC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ