“試乗”最大の自動車体感イベント、モーターファンフェスタ2019を4月14日に富士で開催

3月1日(金)0時57分 AUTOSPORT web

 4月14日、富士スピードウェイで『“試乗”最大の自動車体感イベント』をテーマに、『モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ』が開催される。


 2016年に初開催され、今年で4度目の開催となるモーターファンフェスタ。メーカーの垣根を越え、同じジャンルの新車を乗り比べたり、モータースポーツの歴史を彩ってきたマシンのデモランを楽しめたりと、クルマ好きは要チェックのイベントになりつつある。


 そんなモーターファンフェスタが2019年も開催されることになった。当日は各メーカーの最新モデル試乗会や、D1グランプリのエキシビション、二輪試乗会、レーシングカーなどを間近に見られるグリッドウォークなどが行われる予定だ。


 そのほか、自動車メーカーやアフターパーツメーカー、カスタムショップなどによる出展ブース、チューニングカー、ドレスアップカーの展示、各種パーツの販売なども行われる。


 モーターファンフェスタ2019は入場無料、ただしクルマでの来場には別途、駐車券が必要となる。駐車券は3月1日(金)よりローソンチケット、e+、セブンチケットで販売がスタートしている。


 価格は四輪前売り券が3500円、当日券が4500円、二輪は当日券のみの販売で1000円となる。駐車券にはイベント中、買い物に使用できるクーポンがセットになっている。


 イベントの概要はモーターファンフェスタ2019の公式サイトまで。

イベントでは、サーキット場内を使った試乗会が行われる
イベントでは、サーキット場内を使った試乗会が行われる
2018年のモーターファンフェスタではフェラーリF187がデモランを披露
2018年のモーターファンフェスタではフェラーリF187がデモランを披露
モーターファンフェスタにはメーカーの垣根を越え、各メーカーの新モデルが揃う
モーターファンフェスタにはメーカーの垣根を越え、各メーカーの新モデルが揃う


AUTOSPORT web

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ