「ひどいものだった」CL敗退のマンU、DFバイリーがSNSで謝罪

3月15日(木)9時35分 サッカーキング

CL敗退に落ち込むエリック・バイリー [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uに所属しているコートジボワール代表DFエリック・バイリーが、自身の公式ツイッターでサポーターに謝罪をした。14日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・Uは13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、セビージャと対戦。試合は1−2で惜敗し、スコアレスドローのファーストレグを含めCLベスト8進出とはならなかった。この結果を受け、バイリーが自身のSNSで謝罪をした。

「CL敗退について、僕たちはサポーターのみんなに許しを請いたい。昨晩はひどいものだった。我々はすべてを振り返り、メモを取り、同じことを再び起こさないようにしなければならない。CL敗退は苦痛だが、元の良い状態を取り戻し、身を粉にし、先を見る必要がある」

 マンチェスター・Uは17日にホームでFA杯準々決勝でブライトンと対戦する。

サッカーキング

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ