【ヘルメットはドライバーの顔:坪井翔】『Showtime!』のパイオニアは大谷翔平じゃない!/動画インタビュー

5月15日(水)18時0分 AUTOSPORT web

 2019年、JMS P.MU/CERUMO・INGINGよりスーパーフォーミュラにデビューした坪井翔。ひと際目立つ鮮やかなピンク色のヘルメットを使用する坪井に、スーパーフォーミュラのオフィシャルステージMCを務める笠原美香さんが、色やデザインのこだわりを聞いた。


 2018年に全日本F3選手権で19戦17勝という圧倒的な勝利数を納めてタイトルを獲得した坪井は、今シーズンJMS P.MU/CERUMO・INGINGよりスーパーフォーミュラにデビュー。第1戦鈴鹿では、セーフティカーが4度も出動したレースを生き残り、ルーキードライバーのなかでは最上位となる5位に入賞した。


 その坪井が使用するヘルメットは、上述の通りピンク色だ。今年スーパーフォーミュラのオフィシャルステージMCを務める笠原さんは、昨年までピンク色のヘルメットをかぶってテレビに出演していたこともあり、『坪井翔=ピンク色』を定着させたいという坪井と意気投合している様子だった。


 そして、ヘルメットの背面には『Showtime!』の文字。メジャーリーガーである大谷翔平の愛称として広く知られているこの『Showtime!』だが、日本のモータースポーツ界では、 坪井の活躍に合わせてSNS上などでもハッシュタグ付きでよく使用されている。坪井があえてこれをヘルメットにデザインした理由は何だったのか。この動画で、ぜひその答えを知っていただきたい。


 JMS P.MU/CERUMO・INGINGというチャンピオンを獲得した経験のあるチームからシリーズに参戦する坪井は、トヨタにとっても期待の若手ドライバー。その走りだけではなく、これからはこだわりの詰まったこのピンク色のヘルメットにも注目だ。


AUTOSPORT web

「ドライバー」をもっと詳しく

「ドライバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ