2019年開幕の電動バイク選手権『MotoE』、イタリアのデロルトがデータ分析システム供給

6月14日(木)16時0分 AUTOSPORT web

 2019年から開幕する電動バイクレースシリーズ『FIM Enel MotoE World Cup(MotoE ワールドカップ)』のオフィシャルデータアクイジション担当にイタリアの自動車、バイク部品メーカー『デロルト』が就任する。


 MotoEは、電動フォーミュラカーで争われるABBフォーミュラE選手権のバイクバージョンとも言える、まったく新しいレースカテゴリーで2019年からのスタートが予定されている。


 レースで使用されるマシンはイタリアの電動バイクメーカー、エネルジカ・モーターカンパニーが販売するスーパーバイク『エネルジカ・エゴ・コルセ』、タイヤサプライヤーを担当するのはミシュランだ。


 すでにマシンのテスト走行などが行われているほか、レースフォーマットについても概要が発表されている。そして今回、イタリアのムジェロサーキットで行われた2度目のMotoEミーティングで、プロモーターのドルナスポーツは新たに、MotoEのオフィシャルデータアクイジションパートナーとしてイタリアの自動車、バイク部品メーカー『デロルト』が就任すると発表した。


 デロルトはMoto3クラスのECUサプライヤーも担当しており、ドルナスポーツとデロルトは、価値観を共有しており、MotoEを情熱的かつチャレンジングなプロジェクトにするという点で、理想的なパートナーだとしている。


 オフィシャルデータアクイシジョンパートナーに就いたデロルトはMotoEに対し、データロガーシステムや慣性測定ユニット、サスペンションとブレーキのセンサーに加え、タイヤのモニタリングシステムといったデータ収集ツールをパッケージとして供給する。


 アクイシジョンとはマーケティングや人材採用の世界で使われている単語で、データの収集管理から活用まで、一貫して管理するというニュアンスがある。


 MotoEとデロルトの合意はシリーズ開幕の2019年から2021年までの3年間だ。

冠スポンサーのエネルは充電設備『e-パドック』を提供する
冠スポンサーのエネルは充電設備『e-パドック』を提供する


「近い将来、持続可能な自動車社会は電力と内燃機関の組み合わせのような、異なるソリューションを礎とするだろう。デロルトはその未来を目指すチャンレンジに参加することを望んでいる」とデロルトのエグゼクティブバイスプレジデント、アンドレア・デロルト。


「我々はMoto3で新たな才能に投資し、MotoEでは新たなテクノロジーに投資する。我々はいつも新たなチャレンジを受け入れる用意ができている」


 ドルナスポーツのマネージングディレクター、ポー・セラカンタは「私たちと既存のパートーナーの関係をふたたび親密に深め、ともに未来を築けることに喜んでいる。デロルトとMotoEのコラボは、私たちの発展と新たなチャレンジに協働するための重要なステップだ」と語った。


 MotoEマシンのエゴは、6月15日〜17日開催のMotoGP第7戦バルセロナのカタルーニャサーキットで1999年のMotoGP、500ccクラスチャンピオンのアレックス・クリビーレによってデモランを行う予定で、その後もシーズン開幕に向けてマシン開発が続けられる。


AUTOSPORT web

「バイク」をもっと詳しく

「バイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ