インテル移籍報道のルカクが残留濃厚に…移籍金の問題をクリアできず

7月13日(土)17時22分 サッカーキング

残留の可能性が高まるルカク [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが残留に近づいているようだ。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ルカクに関しては、今夏の移籍市場でのイタリア行きが噂されている。特に、今シーズンからインテル指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督がチェルシー指揮官時代から関心を寄せていると報じられており、インテルと交渉の席についていると見られている。

 しかし、マンチェスター・Uは残り3年の契約を残す同選手を早々に手放す必要がなく、エヴァートンから獲得した際の移籍金、7550万ポンド(約102億4000万円)に近い金額でのオファーが無ければ交渉に応じない構えを見せているという。

 同メディアによると、インテルは資金集めに苦労している模様。分割での支払いを検討しているものの、依然マンチェスター・Uの要求とはかけ離れており、ルカクに残留の可能性が高まっているようだ。同選手はいたりでのプレーを「夢」と語っているが、その夢は叶うのだろうか。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ