コナミがユヴェントスと長期パートナーシップの独占契約を締結! 『ウイイレ2020』にスタジアムや現役・レジェンド選手搭載

7月17日(水)13時45分 サッカーキング

©コナミデジタルエンタテインメント

写真を拡大

 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、イタリアリーグの名門サッカークラブ「ユヴェントスFC」と同社のサッカーゲームにおける長期パートナーシップの独占契約を締結したことを発表した。

 120年以上の歴史を持ち、「ビアンコネーロ」(イタリア語で白と黒の意味)の愛称で親しまれるユヴェントスFCは、イタリアのトップリーグであるセリエAを通算35回制しており、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア)で初の国内リーグ8連覇という偉業を昨シーズン成し遂げた強豪クラブ。また「eFootball ウイニングイレブン」シリーズのmyClubレジェンドであり、欧州年間最優秀選手にも輝いたパベル・ネドヴェドや、中盤で攻守を司ったパトリック・ヴィエラがかつて活躍していたクラブでもある。

 9月12日発売予定の家庭用ゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2020(以下、ウイニングイレブン 2020)』では、ピッチからスタンドとの距離が非常に近く、臨場感のある試合を味わえるユヴェントスFCのホームスタジアム「アリアンツ・スタジアム」が細部に至るまで美麗に再現されるほか、高精度3Dスキャンで撮影された計17名の選手がリアルフェイスで搭載される。

サッカーキング

「ユヴェントス」をもっと詳しく

「ユヴェントス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ