FIFA、W杯のフェアプレー賞にスペイン代表を選出し炎上 世界中から「日本がこの賞に値する」

7月18日(水)12時27分 BIGLOBEニュース編集部

「FIFA World Cup」公式Twitterのスクリーンショット

写真を拡大

1ヶ月に渡り熱戦が繰り広げられたサッカーW杯が閉幕し、FIFAは大会の各賞を発表した。フェアプレー賞にはスペイン代表が選ばれたが、この選出に異論が続出。FIFAのワールドカップ公式Twitterアカウントが炎上状態となっている。


スペイン代表は、日本代表と同じベスト16敗退ながらも受けたイエローカードは日本の5枚よりも少ない2枚だった。イエローカードの少なさなどが評価され、フェアプレー賞に選出されたとみられる。一方の日本代表は、フェアプレーポイントの差でベスト16に進出。決勝トーナメント1回戦では、優勝候補のベルギー代表相手を最後まで追い詰め、世界を驚かせた。また、プレー外でも試合後のサポーターによるゴミ拾いや綺麗なロッカールームでも称賛を集めた。


世界に与えた衝撃は日本代表の方が大きかったからか、フェアプレー賞を発表したFIFAワールドカップ公式のツイートには異論が噴出。スペイン人やベルギー人とみられるアカウントをはじめ、世界から日本代表がこの賞に値するという意見が多く寄せられている。また、スペイン代表には激しいチャージを行うDFセルヒオ・ラモスがいることも批判の一因になっているようだ。

「私はスペイン人だけど日本がこの賞に値すると思う」

「私たちが一番クリーンなチームだとは恥ずかしい」

「日本は本当にフェアプレーを考えているチーム」

「ベルギー戦ではファウルをしてリードを守らなかった」

「日本かロシアがふさわしい」

「スペインにはセルヒオ・ラモスがいるのになぜ?」

「セルヒオ・ラモスとフェアプレー?」


一方、日本代表がフェアプレー賞にふさわしくないという意見では、「ポーランドの試合を見たか?」「彼らはポーランドに対して恥ずかしかった」「決勝トーナメント進出を知った時にプレーを止めました」など、物議を醸したポーランド戦のプレーが挙げられている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「FIFA」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「FIFA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ