イングランドで苦しむバカヨコ、チェルシーから古巣モナコへ復帰の可能性

8月14日(水)17時10分 サッカーキング

チェルシーに所属しているバカヨコ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チェルシーに所属するフランス代表MFティエムエ・バカヨコに、古巣モナコ復帰の可能性が浮上した。13日、イギリスメディア『Sports MOLE』が報じた。

 2017年の夏、モナコからチェルシーに移籍したバカヨコは、2017−2018シーズンは公式戦43試合に出場したものの、マウリシオ・サッリ監督が就任した2018−2019シーズンは期限付き移籍でミランへ。今シーズンも、フランク・ランパード新監督の十分な信頼は得られていない状況だ。

 報道によると、モナコはバカヨコの獲得へ向けて熱心に調査を進めているという。完全移籍か期限付き移籍か、契約の内容は未だ定かではないが、チェルシーも前向きに交渉の席へ着くのではないかと伝えられている。

 バカヨコはチェルシーへ移籍する直前の2016−2017シーズン、リーグ戦32試合に出場し2得点を記録。モナコのリーグ・アン制覇に大きく貢献していた。

サッカーキング

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ