リカルド「今日は負けを認めよう。でも優勝のチャンスはまだある」:レッドブル F1シンガポール土曜

9月17日(日)13時8分 AUTOSPORT web

 2017年F1シンガポールGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは3位だった。


■レッドブル・レーシング

ダニエル・リカルド 予選=3位

 今日はポールポジションを獲得できると本気で思っていたから、正直に言うと少しがっかりしているんだ。セブ(ベッテル)の最後のラップは強力で、僕らはそういう走りができなかった。僕らもQ3でのペースは良かったが、彼(ベッテル)はタイムのほとんどを最初のセクターで稼いでいたようだ。他にどんなことをすれば対抗できたのか、本当にわからないよ。


 明日はうまくスタートを切れれば、戦略を通して彼にプレッシャーをかけられるだろう。今回は優勝のチャンスがあると、いまでも思っている。市街地コースと、ウォールへのアプローチをブラッシュアップするといったチャレンジを楽しんでいるよ。明日は2時間そういうラップを重ねていき、その間も集中力を保てると思う。このレースをものにしたいと心から思っている。その気持ちが勝利へと導いてくれるだろう。


 今日は負けを認めよう。でも明日にはまだ大きなチャンスがある。


AUTOSPORT web

レッドブルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ