「すべてうまくいっている」 ラカゼットがアーセナルでの状況を語る

9月17日(日)12時1分 サッカーキング

今シーズンよりアーセナルに加入したラカゼット [写真]=Getty Images

写真を拡大

 フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがアーセナルでの生活について心境を明かした。クラブの公式サイトが15日に伝えている。

 今夏の移籍市場でリヨンから6500万ポンド(約95億円)というクラブ最高額の移籍金でアーセナルに加入したラカゼット。今シーズンは、プレミアリーグ第4節終了時点で2得点を決めている。早くもチームに大きなインパクトを残している同選手が、チームやロンドンでの環境について語った。

 ラカゼットはインタビューの冒頭で「ロンドンでは、数秒で晴れから冷たい雨に変わることに慣れなければいけない。とても奇妙だが、面白いよ」とロンドンの環境について冗談交じりに応えた。また、自身の状況について「ドレッシングルームには、私を助けてくれるフランス人の友達がたくさんいる。英国のプレーヤーもとてもよくしてくれるし、チームメイト、コーチングスタッフ、医療チーム、全員とうまくやっているんだ。チームに馴染むのに時間はかからなかったし、ゴールを決めて自分の信頼を高めることもできている。すべてうまくいっているよ」と新チームでの充実ぶりを強調した。

 アーセナルはすでに、今シーズンのリーグ戦で2敗しており、チーム状態は必ずしも順調とは言えない。17日にはアウェイでチェルシーとの“ビックロンドン・ダービー”が控えている。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アーセナルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ