SPALの伊代表GKメレト、ヘルニア手術で離脱…今季は出場なし

10月13日(金)9時51分 サッカーキング

今年3月にイタリア代表初招集を果たしたGKアレックス・メレト [写真]=Getty Images

写真を拡大

 SPALに所属するイタリア代表GKアレックス・メレトが11日、手術を受けた。同クラブが発表している。

 メレトはヘルニアを患い、ドイツのミュンヘンで手術を受けた。無事に成功したことも発表されている。離脱期間などは数日中に明らかにされる見通しとなっている。

 現在20歳のメレトは、ウディネーゼからSPALにレンタル移籍した昨シーズン、セリエBの30試合に出場して優勝に貢献。50年ぶりとなるセリエA復帰の立役者となった。今年3月にはイタリア代表初招集を果たすなど、将来を嘱望されている。ただ、今シーズンはヘルニアに悩まされ、出場機会を得ていなかった。手術を受けることを決断し、復帰を目指すこととなった。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

手術をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ