マンU、指揮官モウリーニョに5年の新契約を提示か…自身最長政権へ

10月13日(金)14時32分 サッカーキング

マンUがチームを見事復活させたモウリーニョ監督に対し5年の新契約をオファーするようだ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uが、チームの指揮官を務めるジョゼ・モウリーニョ監督に間も無く新契約をオファーするようだ。『メトロ』や『デイリーミラー』などイギリス各紙が報じている。

 昨シーズン、マンチェスター・Uの指揮官に就任したモウリーニョ監督は初年度からヨーロッパリーグ(EL)を制覇。プレミアリーグでの順位は6位と振るわなかったものの、今シーズンは開幕から圧倒的な強さを見せ、第7節終了時点で勝ち点19を獲得。得失点差でライバルのマンチェスター・Cに次ぐ2位につけている。

 近年、不調にあえいでいたチームを見事復活させたモウリーニョ監督に対し、クラブは新契約を結ぶことを熱望。6500万ポンド(約99億4000万円)を用意し、5年契約のオファーを提示するようだ。

 基本給はこれまでの週給25万ポンド(約3800万円)に変動はないものの、タイトルの獲得数やプレミアリーグでの順位に応じてボーナスが付与されるという。

 これまでに率いてきたポルトやチェルシー、レアル・マドリードなどで3年以内での退任と、比較的短命に終わってきたモウリーニョ監督だが、今回の契約で自身最長となる政権を築くことになりそうだ。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

指揮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ