インテル、史上最年少の新会長就任を発表…26歳の中国人実業家チャン氏

10月27日(土)22時45分 サッカーキング

インテルの新会長に就任することが決定したチャン氏 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 インテルは26日、新会長に26歳の中国人実業家スティーヴン・チャン氏が就任することが決定したと発表した。チャン氏は同クラブのオーナーである蘇寧グループ張近東会長の息子で、史上最年少の会長となる。

 チャン氏は会長就任に際して、公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「私たちは引き続きスポーツ面のパフォーマンスに注目し、国内外で成功するために必要な最高のサポートを確実に提供するつもりだ。ピッチ外でも強気な会社にしたい。商業・マーケティング分野でのスキルを身につけて、経営陣をさらに強化しなければならない。一方で、私たちはグローバルな視点でのビジネスを拡大し続ける。そしてデジタル管理と通信の可能性を引き続き探求して、技術分野におけるリーダーシップを確立していく。インテルはサッカー以外の面にも目を向ける必要があるね。もちろん正しい競争や公正なプレー、スポーツマンシップというスポーツ的な価値を維持して、ファンとともに社会的な価値を向上させたい。私は次のステップを踏み出す準備ができていると信じている。私たちはこのクラブを新しい時代での成功へと導くことができる」

 インテルは25日、今回の発表に先立ってクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチら主力6選手との契約延長を発表していた。

サッカーキング

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ