冨安健洋は初の出番なし…ボローニャ、ウディネーゼに完敗でイタリア杯4回戦敗退

12月5日(木)8時51分 サッカーキング

冨安健洋は移籍後初の出番なし(写真は8月のヴェローナ戦)[写真]=Getty Images

写真を拡大

 コッパ・イタリア4回戦が4日に行われ、ウディネーゼと日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。3日前にリーグ戦でフル出場した冨安は移籍後初のベンチスタートとなり、温存されたまま出番なしで終わった。

 試合は24分、カウンターでペナルティエリア中央へ侵入したアントニン・バラクが左足シュートをゴール左隅に沈めて、ウディネーゼが先制に成功。さらに42分には左サイドからのFKでニアのブラム・ナイティンクが頭で後方にすらすと、ゴール前のセバスティアン・ドゥ・マイオが押し込んで追加点を奪った。

 2点リードで折り返したウディネーゼは77分、セコ・フォファナの落としをエリア前左のロランド・マンドラゴラが左足ダイレクトでゴール左隅に突き刺して3点目。後半アディショナルタイム2分には、ケヴィン・ラザーニャがエリア前から左足でゴール左隅にシュートを叩き込んでダメ押しゴールを決めた。

 ボローニャはこのまま得点を奪えず、4失点で完敗。ウディネーゼが完勝で5回戦進出を決めた。

【スコア】
ウディネーゼ 4−0 ボローニャ

【得点者】
1−0 24分 アントニン・バラク(ウディネーゼ)
2−0 42分 セバスティアン・ドゥ・マイオ(ウディネーゼ)
3−0 77分 ロランド・マンドラゴラ(ウディネーゼ)
4−0 90+2分 ケヴィン・ラザーニャ(ウディネーゼ)

サッカーキング

「ウディネーゼ」をもっと詳しく

「ウディネーゼ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ