ボルボが輸入車初の2年連続カー・オブ・ザ・イヤー授賞。特別賞にはTOYOTA GAZOO Racingも選出

12月7日(金)16時19分 AUTOSPORT web

 12月7日、東京都江東区にある東京国際交流館で『2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー』の最終選考会が行われ、ボルボが販売するSUVのボルボXC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。ボルボは2017年にも受賞しており、輸入車初の2年連続受賞となった。


 自動車雑誌が中心となって、年間を通してもっとも優秀な市販車に贈られる自動車賞、日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年で39回目の開催を数える。


 ボルボは2017年にボルボXC60で同社初の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞を果たしており、2年連続受賞を達成。同一メーカーによる2年連続受賞は第35〜36回のマツダ以来、輸入車としては史上初の快挙だ。


 イヤーカーに選ばれたボルボXC40は、新開発の小型車向けプラッフォーム“CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)”を採用して作られたコンパクト・プレミアムSUV。


 SUVながら大きすぎないサイズ感とファッションや建築、アーバンカルチャーなどから着想したというデザイン、そして全車に先進安全・運転支援技術を標準装備していることなどが支持され、納車まで6カ月以上待ちという人気モデルに成長している。


 日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員会はボルボXC40選出の理由について以下のように説明している。


「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い」


「そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価した」


 そのほかイノベーション部門賞にはホンダ・クラリティPHEV、エモーショナル部門賞にはBMW X2、スモールモビリティ部門賞にダイハツ・ミラ・トコットが選ばれた。


 また実行委員会特別賞としてホンダN-VAN、そしてTOYOTA GAZOO Racingにも賞が贈られている。このうちTOYOTA GAZOO Racingについては2018年6月の第86回ル・マン24時間耐久レースで、2台のTS050ハイブリッドがワン・ツーフィニッシュを飾り、トヨタが悲願のル・マン初優勝をもたらしたことが授賞理由となっている。

実行委員会特別賞に選ばれたTOYOTA GAZOO Racing
実行委員会特別賞に選ばれたTOYOTA GAZOO Racing


AUTOSPORT web

「ボルボ」をもっと詳しく

「ボルボ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ