名護市長選 政権VS共産党の様相

【名護市長選】安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 

1月14日(日)22時3分 産経新聞

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる2月4日投開票の名護市長選は、28日の告示まで2週間を切った。3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=と、元市議で新人の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の一騎打ちとなる見通しで、両陣営は選挙戦本…

記事全文を読む

名護市をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 尖閣領海に中国潜水艦が入っても翁長は何の声明もなし。病気だ。

  • 沖縄の人って、共産がどういう政党か知ってるのかな?

  • 嘉手納基地が市民生活に支障、事故等起こったら共産党がすべて責任持てよ。ほんまに馬鹿な夢見る夢夫さんだな

  • 共産党さんよ〜基地反対ビジネスが何時までも続くと思うなよ!黙って生協で立場が異なる利潤の追求でもしてたらどうだ?

  • 沖縄県の基地負担軽減は必要だと本土の人間も思っているがこれだけ中国・北朝鮮の脅威と韓国の無能さを見ているとどうしても沖縄に基地が必要なのはわかる。でも、翁長・稲嶺はまったくのんきであきれる。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ