西部邁さん死去に惜しむ声相次ぐ

保守論客の西部邁さん死去 言論界は「貴重な思想家を失った」

1月21日(日)18時23分 J-CASTニュース

保守派の評論家で元東京大教授の西部邁さんが2018年1月21日、死亡したと、複数のメディアが同日夕、報じた。78歳だった。自殺とみられている。保守派の重鎮に訪れた突然の訃報に、言論界は「貴重な思想家を失った」と悲しみにつつまれている。新著を出したばかりだったTBSなどの報道によると、1月21日6時3…

記事全文を読む

「西部邁」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 数年前には奥さんを亡くし、昨年来、自死への発言を繰り返していた。江藤淳も妻を亡くし身体が不自由となり形骸と化した自分を断じると自死した。支えるもの、支えられるものが無くなると男はもろい。

  • 居なくなったら家族がすぐ警察に電話していることから、自殺を家族に言っていた可能性が高いね。精神的なものか将来を悲観したものか自殺原因を知りたいね。もし、特定の圧力などなら事実をしりたいね。

  • 東大を去った時の経緯と、今回の入水は同じだ。直面する困難から逃げ出してしまう彼の学問とは何だったのか?自己の学問に基づく信念により、学内の四面楚歌の中で東大改革の戦いを続けた折原教授と較べてしまう

  • 韓国強制従軍慰安婦は、合意の売春婦の、証拠が米国にある?

  • 私も参加した60年安保の先頭で旗を振っていた闘士は西部さんだったが、後年、「安保の中身は読んでもいなかったし、理解もしていなかった」と自白していた。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ