養護施設で少女に暴言 虐待認定

児童養護施設で少女に暴言 東京都が虐待認定

2月14日(木)15時3分 産経新聞

東京都世田谷区の社会福祉法人「福音(ふくいん)寮」が運営する児童養護施設のグループホームで、40代の女性職員が入所中の中学1年の少女(13)に「ブス」「みんなが困っている」などと暴言を吐き、都が虐待と認定していたことが14日、寮への取材で分かった。寮の飯田政人施設長は取材に「申し訳なかった」と謝罪し…

記事全文を読む

「児童養護施設」をもっと詳しく

「児童養護施設」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 現在の養護施設は親がいない子でなく 親の虐待が原因で来ている子がほとんどらしい そういう現状を知っているのにこんな問題が起きるとは トホホ

  • 毎度だが、日本の福祉行政は機能して居ません。国会も互いの揚げ足取りの議論ばかりで弱者救済には程遠い。与党も野党も死人が出るまで日本の国会議員は議論しません。

  • 児童相談所にしてもこんな心無い職員を増やしても税金の無駄になるだけ、奉仕の心のある人物かどうかよく見極めて子供たちが生き生きと生活できる施設創りをしていただきたい。

  • ブスなどは虐待と認定したようだが、ハゲ、デブ、チビ、ガリなどの暴言が虐待になるのかが知りたいところだ。しっかり取材してください。

  • せっかく親の虐待から子供を救っても入った養護施設で虐待したら意味がない

全件表示する

BIGLOBE
トップへ