渡邉氏 過労死遺族に「労働観」

ワタミ創業者・渡邉美樹議員、過労死遺族に「労働観」尋ねるやりとりが物議

3月14日(水)12時31分 弁護士ドットコム

居酒屋チェーンなどを展開する「ワタミ」創業者で、参議院議員の渡邉美樹氏(自民党)が3月13日、参院予算委員会の公聴会で「働き方改革」を不十分とする過労死遺族に「労働観」などを尋ねる一幕があり、ネットで物議を醸している。ワタミでは、2008年に子会社「ワタミフードサービス」で、入社2か月の女性社員(当…

記事全文を読む

「渡邉美樹」をもっと詳しく

「渡邉美樹」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 「働くことは生きがいであり、自己実現であり、人は働くことでたくさんのありがとうを集め、成長していくそんな大事なもの」と美辞麗句を並べて社員に過剰な業務(残業)を強いるというブラック企業トップの典型。

  • そもそも経営者は働けば働く程自らの収入に直結するが、従業員はそうでは無い。

  • 働くことはいいことだ。だが働くことを命と引き換えにしては絶対にいけない。自分の命は自分以外に守ってくれるものはないことを肝に命じよ。

  • まず国会議員が成果主義を取り入れ国民が報酬を判断する仕組みにするべき

  • 議員さん達の給料を歩合制にしましょう。GDPを挙げた人は10万円とか、できなくて寝てばっかりの人は歳費無し。夫婦で嘘ついたら8億円の罰金でどうですか?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ