郵政幹部「圧力かけた記憶ない」

郵政副社長「圧力かけた記憶ない」 かんぽ不正販売のNHK報道で

10月11日(金)13時38分 産経新聞

鈴木康雄・日本郵政上級副社長は11日の衆院予算委員会に参考人として出席し、かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組をめぐる問題について「圧力をかけた記憶は毛頭ない」と否定した。その上でNHKの取材について「全く事実の提示もなく、極めて刺激的な言葉だけを並べたツイッターを出していたので、『削除してほ…

記事全文を読む

「郵政」をもっと詳しく

「郵政」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ああいう恫喝を圧力というんだよ

  • 一例として毎年暮れに配達員が年賀状の購入を配達がてら頼んでくる。郵政全般にノルマや強制がないとはとても考えられない。

  • 嘘、ねつ造の国民搾取の高給取り VS 保険詐欺

  •      苛めと同じで圧力を掛けたかではなく、圧力を受けたと認識したかの受け身側の問題では!

  • 本社のノルマ圧力があったのは事実じゃないの?会社の幹部の君たちが言った言わないは関係ない。責任取るのは、君たちじゃないの?天下りの会社じゃなければ、倒産しても可笑しくない

全件表示する

BIGLOBE
トップへ