佐野SAスト 中心人物が語る真相

《いまだ断行中》「なぜ私は佐野SAストライキを始めたのか」渦中の“解雇部長”が真相を告発

8月24日(土)5時30分 文春オンライン

お盆真っ只中の8月14日、例年多くの観光客で賑わう東北道・佐野サービスエリア(上り線)は閑散としていた。理由は従業員が起こした前代未聞のストライキ。その後、運営会社「ケイセイ・フーズ」はストライキについて自社の見解を記した「事情のご説明」を報道各社に送付。社長の岸敏夫氏(61)が会見するなど、大きな…

記事全文を読む

「佐野サービスエリア」をもっと詳しく

「佐野サービスエリア」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • このような人物が高速道路会社からSAの営業権を認められるのには裏に何かがあるのだろうね!

  • そもそも社長の一存だけで解雇できるわけもなく、しかも今から解雇って法律分かってるんでしょうかね?この社長さんは。

  • 土建屋のオヤジがSAの経営ねぇ。本業もまともに出来ず勤続30年従業員も出入り業者も見下す田舎オヤジの店に、プロの営業マンが来たらそりゃみんな営業マンになびくわな。そいつを使いこなせない田舎オヤジの負け

  • ブラック企業の特徴、従業員からストライキされる。

  • 自己中で他人を思いやる心のないバカがたくさんいる!親が教育しないで育ったバカが多くおり、教育出来ない親の責任である!!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ