数字に見る「リアル書店」のいま

数字に見る「リアル書店」のいま 都会の有名店舗が閉店、続く苦境 

9月12日(水)9時47分 弁護士ドットコム

みなさんは、本をどうやって手に入れますか。ひと昔前は近所の書店に行って買い求めるのが当たり前だったと思いますが、いまやアマゾンなどのネット書店の勢いが著しく、「本はネットでポチり」という人が増えているのではないかと思います。今年6月にも、東京・六本木の有名書店「青山ブックセンター六本木店」が閉店する…

記事全文を読む

「アマゾン」をもっと詳しく

「アマゾン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 書店をアマゾンに駆逐されるわ書物はスマホに変わるわ、文化衰退が加速中。

  • あんな旧態依然の取次システムとか委託販売システムとか辞めれば良いのに。昔はそれこそ流通とか印刷場所とかの関係で有効だったのかもしれないが、一部の利権を手放したくない連中のせいで業界自体が衰退。

  • 「大人買い」しようにも巻数揃ってない 田舎だから新刊すら1週間遅れで発売 読んだかどうか分からない時でも立ち読みも出来ないようラップしてる 品揃えいい大型書店行く時以外はやっぱ便利な通販選ぶわ

  • 10代の頃数件の小さな本屋をハシゴして見て回っていた。店ごとに並んでいる本が違い、パラパラ立ち読みし、時にはそれこそお宝発見的な本に出会うこともあった。ベストセラーしか読まない人種の気持ちがわからない

  • 50歳の私が育った町は本屋が無いので子供の時は隣町まで買いに行った。参考書だと6km離れた本屋に行くしかなく、それでも専門書はほぼ無いなので電車で30分かけて大都市へ。あの頃ネット通販あれば確実に使う

全件表示する

BIGLOBE
トップへ