「きつい」印象の土木職が深刻

「きつい」印象の自治体土木職、なり手いない

11月9日(金)7時55分 読売新聞

全国の自治体で土木職が10年間で約2万人も減少するなど、なり手不足が深刻な状況になっている。災害復旧など新たなニーズは増しているが、大規模開発の減少や「きつい」といったイメージの広がりがあるとみられる。自治体の中には、就職希望者の保護者説明会を開くなど、必死のアピールをする動きも出ている。「技術職は…

記事全文を読む

「職業」をもっと詳しく

「職業」のニュース

みんなのコメント

  • 人を集めたければ給料を上げる事だな。そうでなければただでさえきつい汚い危険の過酷な労働条件なのに収入も低いのでは誰が好き好んでやりたがるものか。

  • 車も買えない、結婚しても子供作れないような収入。何の夢も持てない。こんな風にしたのは全て大手ゼネコンとハウスメーカー高齢化が進みどんどん辞めて建築現場は外人ばかり 

  • 外国人もきつい仕事はいやがると思う。最初は請け負っても徐々に条件を提示してきて争議になると思う。雇用主は目先の利に捉われると痛い目にあうかもしれない。

  • 有効求人倍率の数字を上げている職の一つ

  • 大変、きつい・汚いだからなかなかいない

全件表示する

BIGLOBE
トップへ