日産の監査法人 過去に処分も

日産の監査法人、「粉飾」東芝と同じ 過去には行政処分も

11月20日(火)18時35分 J-CASTニュース

日産自動車の代表取締役会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件では、自らへの報酬を実際よりも約50億円も少なく有価証券報告書に記載した疑いが持たれている。当然のことながら、この有価証券報告書には、財務諸表が財政状態や経営成績を「適正に表示」しているという監査法人の意見がついている。日産の…

記事全文を読む

「日産自動車」をもっと詳しく

「日産自動車」のこれまでの出来事

「日産自動車」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 兎に角、悪徳弁護士と同じ、高額の金さえ貰えばいい法人だ

  • いやいや、「監査法人が見抜くのは難しい」で済ませたらあかんやろ。難しいなら見抜けるような仕組みにルール改正するとかすべきやろ。逮捕される程の犯罪なんやろ?

  • 公認会計士、監査委員、審査委員は飼い犬。餌をくれる飼い主には噛み付く事は無い。何故なら、餌をくれなくなるからで犬でもそこは理解している。本来の意味を解かっていない。

  • うちの社長も規模は小さいが似たようなことやってる、って人一杯いるんじゃないの?創業家ワンマンなら会社の金か自分の金か分かんない奴ら。さあ、内部告発しましょう。

  • ルノーは大丈夫?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ