優勝するとダメになる?お笑い業界でまことしやかに囁かれるジンクス「覇者不発説」とは

3行まとめ

  • 芸人は3つのメジャーコンテストがあるがここ数年は優勝者の不発が続いている
  • M-1では優勝者ではなく準優勝以下がブレイクするという傾向が続いていた
  • 現在M-1に向け予選が開催 ジンクスを打ち破るコンビが出ることを願うばかり

優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?

9月19日(火)17時58分 アサ芸プラス

お笑い業界でまことしやかに囁かれるジンクス、それは“覇者不発説”だ。芸人の世界には年に3度のメジャーコンテストがあり、春はピン芸人の「R−1ぐらんぷり」、秋はコントの「キングオブコント」、冬は漫才師の「M−1グランプリ」が、ゴールデンタイムにそれぞれ、フジテレビ、TBS、テレビ朝日系列で、全国ネット…

記事全文を読む

「お笑い芸人」のこれまでの出来事

お笑い芸人をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 実力がないのに出来レースで優勝させるから。ナアナアの審査員が多いんじゃね?

  • つまり売れる人もいれば売れない人もいるわけか。当たり前な記事だな。

  • 成功した人もいます.記事に信憑性がありません

  • その後が保障されているわけではないだろ。つまらなければ人気は無くなる。でも一時でも異常な報酬を手にできるようだからいいんじゃないの?

  • 売れる売れないは、性格とその後の努力でしょう後は事務所の力二股不倫してもTVに出続ける宮迫、一番ゲスなのに見たくないわ

  • マネージャーの力量もあるんじゃないですか?

BIGLOBE
トップへ