爪噛む癖で死の淵さまよった男性

爪を噛む癖で死の淵をさまようことになってしまった男性(英)

5月10日(木)6時0分 Techinsight

大人になっても爪を噛む癖が直らない人もいるが、その癖のせいでイギリスに住む男性は敗血症を発症して命を落とす寸前だったという。英メディア『Metro』『TheSun』などが伝えている。英サウスポートのバークデールで倉庫オペレーターとして働く2児の父親ルーク・ハノマンさん(LukeHanoman、28)…

記事全文を読む

「敗血症」をもっと詳しく

「敗血症」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • たまたま爪を噛んで感染しただけで、爪を噛む癖が引き起こした敗血症ではない。他の傷でも起こり得る病気だ。変なタイトルは、間違った理解を生むことがあるぞ。

  • 中国なんか痔をわるくしてムカデを食うとよくなるって食って死んでただろ

  • 癖で噛んでいた指の皮膚に細菌が付着、傷口から血液に入り体全体が感染した 敗血症は怖い病気だが知られてはいない 多機能不全で死亡は敗血症原因、治療方法は早期発見しか無い 内臓機能停止で短時間で死亡する

  • 重篤な病気や感染症って、気付かないうちに悪化するから困る。

  • 俺の爪の垢を飲みなさい!

BIGLOBE
トップへ