ゾウの救助隊が人々の命救う

ゾウが人々の命を救う。洪水で孤立した町の人々を救ったゾウのレスキュー隊 (ネパール)

8月22日(火)11時30分 カラパイア

今月11日頃から、モンスーンによる豪雨がネパール、バングラディシュ、インド北部を襲った。雨は土砂崩れや洪水を引き起こし、大勢の市民が避難する事態となった。日本でなら、こういった際に救助に駆けつけるのはまず消防と警察、そして自衛隊だ。

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

ネパールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ