中国が知財権保護への決意示す

中国の知財権保護への決意—中国メディア

10月13日(金)20時50分 Record China

2014年に、フランスのダノングループの関係者が警察に記念の錦の旗を贈り、ダノン飲料品の商標侵害行為の摘発に対して感謝の意を示した。さきに米国の通信技術・半導体大手クアルコムは中国の貴州省政府と提携し、18億5千万元(約315億1千万円)を出資して最先端のサーバーチップの研究開発を手がける合弁会社を…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 相手が中国という段階で知的などという言葉は当てはまらない。

  • 中国が知的財産の保護? 今世紀最大のジョークだ!

  • 平気で破る事を、仏蘭西人は今に思い知るだろうな!

  • 秦の始皇帝の時代から中国には知的財産はカケラも有りませんが

  • はい、はい、まず大気汚染の規制をしてから行って下さいね。

  • 習さん、出来ない事言うな。本音と建前の中国。

  • 中国特有の先行投資で最後は尻すぼみと同じ結果が待っている

  • 無視する宣言をされるよりマシだが、パクり大国の体質が染みついていて、どうせダメだろうな

  • 十数年前、上海の襄陽市場で物売りのおじさんが片言の日本語で「ニセモノホンモノミンナイッショー」と言っていたのが忘れられない。

  • ダノンは中国でパクリまくられた会社の一つだからね。なんか判る。スーパーへ行くとダノンそっくりの商品が1フェイス分ぐらいあって本物が解らない。もしかしたら本物が売ってないかもってくらい。

全件表示する

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ