羽生の「負けは死」に違和感?

羽生結弦、世界選手権2位で「負けは死も同然」発言に“違和感”覚える声が!

3月26日(火)17時35分 アサ芸プラス

3月23日にさいたまスーパーアリーナで行われた「フィギュアスケート世界選手権」でみごとな復活の演技を披露したものの、さらに上回る完璧すぎる滑りを披露したネイサン・チェン(米国)の前に2位に終わってしまった羽生結弦選手。負けたとはいえ、その演技にファンは惜しみない拍手を贈り、次での完全復活に期待を寄せ…

記事全文を読む

「羽生結弦」をもっと詳しく

「羽生結弦」のこれまでの出来事

「羽生結弦」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • これこそ第三者がとやかく言うことではないでしょう

  • なぜ違和感を持つの?トップ選手だからこそ言える言葉と捉えたが

  • 日本人は2位だと完敗のイメージで誰もその功績を称えない 本人もわかっているし、つらい心がそうした言葉を発した。  本当は世界2位って凄い事なんだけど・・・。

  • 怪我が完治していないにも関わらず300点超えは見事!次回大会まで治療に専念し世界初の4回転半ジャンプを披露して下さい。

  • そのぐらい勝ち気な性格・根性の持ち主だから五輪二連覇達成できた。演技後の「どうだ!」という目が嫌いと言う人多いけど、あれ程感動的な演技を続けている努力・精神察してあまりある!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ