一流野球選手の不本意な引退劇

不本意な引退だった一流野球選手 野村・落合・高橋・江川ら

9月23日(月)7時0分 NEWSポストセブン

今年、阪神・鳥谷敬(38)や中日・松坂大輔(39)など、一時代を築いたプロ野球選手たちが進退を迫られているが、85年の球史に残る数々の引退劇のなかでも、「引き際を自分で決められる選手」は一握りだ。たとえ一流選手であっても「望み通りの引退」を遂げた選手は少ない。「名将・野村克也氏は、現役晩年を過ごした…

記事全文を読む

「プロ野球」をもっと詳しく

「プロ野球」のこれまでの出来事

「プロ野球」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 巨人に関わるとなぁ

  • イチローの終わりも酷かった。引退セレモニーが良かったからきれいにまとめた印象だけど選手としての成績がね。やはり一流選手は、衰えきる前にやめたほうが格好いい。

  • そりゃ費用対効果がね。貰える時に貰える最大限を貰っているのだから、それに値しなくなっても決まりであまり下げれないしね。良く貢献度と言うが今はその分も入っているだろ、値段的に。

  • 解雇じゃなければ最終判断は本人だけど由伸のはなぁ。入団も…だったし。

  • 谷沢は星野仙一氏に、あと3年出来るならやってくれ、1年だったら身を引いてくれと要求された。誰に目から見ても、谷沢本人も3年も出来るとは思っておらず、それを判った上での遠回しの引退勧告だったね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ