パで奮闘する「小さな巨人」たち

野球に身長は関係ない? パ・リーグで奮闘する170センチ以下の“小さな巨人”たち

11月10日(日)11時30分 フルカウント

西武の森は170センチながら捕手として史上4人目の首位打者を獲得プロ野球選手に限らず、プロスポーツの選手は概ね「体格に恵まれている」というイメージを持つ人は多いだろう。実際、プロ野球選手の平均身長は平均しておよそ180センチと言われ、これは同世代の日本人男性の平均身長約171センチを優に上回っている…

記事全文を読む

「パ・リーグ」をもっと詳しく

「パ・リーグ」のニュース

みんなのコメント

  • つまらないよね、1勝もできなかったセリーグの恥さらしチーム。

  • 色々言う前にMLBのホセ・アルトゥーベ 168cm 75kgのプレーを見て欲しい

  • 井端と亜細亜大で同級生かそれに近い世代で飯塚という快足の外野手がいたが、確か150センチ台後半だったと思う。プロからも注目されていたが結局プロにはなれなかったんだったかな?

  • タイトル見て巨人の記事かと思って開いたら巨人違いだった。つまらない。

  • 小さな野球選手といっても昔より身長伸びている。高校野球で昭和40年代活躍した磐城高校田村投手は165cm、それより昔飯田長姫高校光沢毅投手は157cm。ドカベンの里中投手は最初160cmの設定だったと思う。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ