飛翔体が弾道ミサイルになる意味

北朝鮮の「飛翔体」が「弾道ミサイル」になることの大きな意味 今後の展開は?

5月12日(日)9時25分 弁護士ドットコム

北朝鮮が5月9日、2発目の「飛翔体」を発射しました。5月4日に続くものであり、前回と同じ種類の飛翔体とみられています。北朝鮮が飛翔体を発射した意図については、様々なものが考えられます。しかし、なぜ、ミサイルではなく、「飛翔体」という名称が出てくるのでしょうか。5月4日の飛翔体発射について、北朝鮮の国…

記事全文を読む

「弾道ミサイル」をもっと詳しく

「弾道ミサイル」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 空飛ぶ粗大ゴミは南に向けろよムンムンが適切に処理してくれるよw

  • 韓国が飛翔体と言い張って譲らないが、日本政府が制裁を解除した途端に弾道ミサイル発射した。とほとんどの日本国民は皆んなそう思ってる。

  • ミサイルは国連決議違反。飛翔体は何か判らんが飛んだ。米がこれからも交渉するための選んだ言葉。てか、何日前のニュース?

  • 米国に届くような弾道ミサイルの実験じゃないからトランプは慌てず騒がずw

  • 時速30キロで国境突破してソウル近郊に152mm榴弾砲を配備し一斉射撃すれば2時間以内にソウルは火の海になります。おっかねえ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ