大腸がん発見時期で分かれる明暗

大腸がん「発見時期」で分かれる明暗、ステージ1なら5年生存率90%超

5月14日(火)6時0分 ダイヤモンドオンライン

2人に1人ががんになるといわれる現代。がんの中で男女を合わせると日本で最も患者数が多いのが大腸がんです。雜賀智也(著)・高橋慶一(監修)の書籍『大腸がん最新標準治療とセカンドオピニオン』から、早期の直腸がんの後遺症のリスクについてお伝えします。みなさんは、大腸の内視鏡検査を受けたことがありますか?「…

記事全文を読む

「大腸がん」をもっと詳しく

「大腸がん」のこれまでの出来事

「大腸がん」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 大腸がんの無いし検査は、下手な技師と上手な技師とでは、受ける方の苦痛が全然違う。

  • 検査は日進月歩。最新の機器の状況を確認すべき。

  • 肉や加工食品を食らい、アルコールを飲みまくって、野菜も食べず運動もせず、それで大腸がんにならない理由をおしえてくれ?

  • 癌なら喜べ、必ずしねる。生きて世間の苦しみで生きていくより幸せ。金持ちだけ出来るだけ高い保険のきかない医療費を払って生きてゆけばよい。{生活の苦しい高齢者より}

BIGLOBE
トップへ