14歳の高橋一生が声の出演『耳をすませば』金曜ロードSHOW!で今夜放送

1月11日(金)11時45分 シネマカフェ

『耳をすませば』 (C)1995 柊あおい集英社 Studio Ghibli NH

写真を拡大

「金曜ロードSHOW!」では先週と今週の2週にわたり「冬もジブリ」を掲げてジブリ作品を連続放送。2週目の1月11日(金)今夜は放送される度に多くの視聴者に感動を呼び起こす名作『耳をすませば』が放送される。

『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』のヒットでスタジオジブリの名前がアニメファンだけでなく日本じゅうに知れ渡った1995年に公開された本作。


物語は現代の東京、多摩地区が舞台。中学3年生の月島雫は、図書館で借りた本の図書カードに必ず名前が書いてある「天沢聖司」という男の子にほのかな想いを抱きはじめていた。雫は偶然迷い込んだアンティークショップ「地球屋」で最悪な出会い方をした同級生の聖司と再会してしまい、聖司の無神経ぶりに「地球屋」の主人・司朗や店に置いてあったロマンティックな仕掛け時計、猫の人形・バロンとの“出会い”まで台無しにされたような気分になる。


夏休みが明けた新学期、雫は親友の夕子が想いを寄せていたクラスメイトの杉村から逆に告白され、戸惑ったまま「地球屋」に向かうとそこに聖司が現れる。聖司は「地球屋」の主人・司朗の孫で、親に反対されながらも司朗の元でバイオリン職人になるための修行を積んでいたのだった。

さらに聖司があの「天沢聖司」だと知り雫は衝撃を受けるが、夢に向かって真っすぐ進もうとしている聖司に少しずつ惹かれていく。そしてイタリアに短期留学することになった聖司を見て、雫も「物語」を書いてみようと決意する——という展開。


柊あおいによる同名コミックを原作に、先週放送の『風の谷のナウシカ』をはじめ『魔女の宅急便』『千と千尋の神隠し』など数々の名作アニメを世に送り出してきた宮崎駿が脚本を手掛け、本作が劇場アニメ初監督となる近藤喜文がメガホンを取った。


ドラマ「カルテット」や月9「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」、昨年秋の「僕らは奇跡でできている」も好評のうちに終了した高橋一生が声優として聖司役で出演。14歳の高橋さんのいまとまた違った声の演技も見どころ。


金曜ロードSHOW!「2週連続 冬もジブリ」『耳をすませば』は1月11日(金)21時〜日本テレビ系にてノーカット放送。

シネマカフェ

「耳をすませば」をもっと詳しく

「耳をすませば」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ