山本涼介の“イケメン”ぶりに「叫んだ」…「メゾン・ド・ポリス」第4話

2月2日(土)0時30分 シネマカフェ

「メゾン・ド・ポリス」第4話 (C) TBS

写真を拡大

高畑充希西島秀俊らが出演する「メゾン・ド・ポリス」の第4話が2月1日に放送され、暴行の被害者役で俳優の山本涼介が出演したことに多くの視聴者が沸いている。

本作は高畑さん演じる若手刑事・牧野ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人である元敏腕刑事たちと共に様々な事件を解決していく刑事ドラマ。

「メゾン・ド・ポリス」には西島さん演じる元警視庁捜査一課の敏腕刑事だった夏目惣一郎をはじめ、小日向文世演じる事務方出身、ちょっとオネエ感のある管理人・高平厚彦、野口五郎演じるキザで女好きの科捜研元エース・藤堂雅人、角野卓造演じる定年まで現場一筋に生きた叩き上げ・迫田保、近藤正臣演じる官僚だが現場からの信任も厚い大家・伊達有嗣らが住んでおり、“買い物係”として竜星涼演じる瀬川草介が出入り。


ひよりは自殺とされた父親の死に疑問を抱いており、ひよりの父の死について「メゾン・ド・ポリス」の老人たちは何かを知っている模様。基本は1話完結ながらこの事件がドラマ全体の軸になりそうだ。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回の4話では大学のバスケ部所属の貫井秀之(山本涼介)が何者かにバットで殴打、復帰まで1年を要するケガを追う。迫田が熱心に首を突っ込んでくることに疑問を持ちながらも、ひよりは一緒に捜査を始めると、近所に住む同級生で現在浪人中の櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かぶ。しかし陽斗は事件の犯人としては小柄だった。

陽斗の母の証言から彼が人気のネットゲームをプレイしていたことがわかり、「メゾン・ド・ポリス」の住人たちはゲーム内で“聞き込み”を開始。そこからゲーム内の通貨と引き換えに暴行や殺害を依頼する掲示板の存在が明らかに。そこには陽斗の暴行依頼も。実は陽斗は掲示板で秀之への暴行を依頼したが、罪悪感から自分で自分への暴行を依頼、実行犯を見つけようとしていたのだった…というストーリー。


「仮面ライダーゴースト」で深海マコト/仮面ライダースペクター役を演じ、「陸王」や『旅猫リポート』などへの出演で注目される山本さんの出演に「バスケ役めっちゃかっこよかった」「イケメンすぎやん顔が良すぎ」など山本さんファンからの反応が続々とタイムラインに上がっているほか、「お母さんとドラマ見てたらすごい美形が出てて2人で叫んだ」といった今回の放送で山本さんを知った視聴者からのツイートも多数。

そのキリリとした眉と端正なイケメンぶりで、若手俳優ファンの間で注目されてきた山本さんだが、今回のオンエアでさらに多くの人々にその存在を知られることになったようだ。

シネマカフェ

「メゾン・ド・ポリス」をもっと詳しく

「メゾン・ド・ポリス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ