フワフワしていそうな羊の毛、触ってみたら実は「しっとり」だった

5月20日(日)8時0分 Jタウンネット

画像は、セルコホーム ズーパラダイス八木山のホームページより

写真を拡大

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2018年5月9日放送の「八木山図鑑」のコーナーで、ヒツジの毛刈りについて紹介していました。



年1回毛刈りしたその重さは...


フワフワしていて、いつ見ても癒されるヒツジ。仙台市にある八木山動物公園(セルコホーム ズーパラダイス八木山)では、年に1回「ヒツジの毛刈り」をしています。


ほかの動物は自然に毛が抜けて生え変わりの時期があるのに対し、ヒツジは抜けない体質なので、暑くなる前に飼育員さんが刈ってあげます。放っておくと、どんどん伸びていき、まん丸になるそうです。


刈った毛は、1頭で3キログラムになることもあります。


ヒツジと触れ合えるコーナーがある


八木山動物公園には、動物と触れ合える「ふれあいの丘」があります。ヒツジに触ったり、ブラッシングしたりすることができ、子ども達にも大人気のコーナーです。


ヒツジの毛は油分があるので、ふわふわに見えても実は見た目以上に「しっとり」しているようです。


飼育員さんにとっても貴重な体験といわれているヒツジの毛刈り。刈った後は「ヒゲのないヤギ」のようになってしまい、少し寂しいフォルムになってしまいますが、刈った後もふれあいの丘にヒツジが登場するので、ぜひ、レアな「毛のないヒツジ」に触れてみたいですね。(ライター:rin.)

Jタウンネット

「ヒツジ」をもっと詳しく

「ヒツジ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ