職場で受けた理不尽な扱い「女だから試用期間で退職して」「上司にゲイをカミングアウトしたら取引先でネタにされた」

5月25日(土)8時45分 キャリコネニュース

職場で受けた理不尽な扱い

同じ職場で働いているはずなのに、自分だけ理不尽な目に遭った経験はないだろうか。キャリコネニュース読者から、職場内で不当な扱いを受けたり、贔屓されている人がいるのを目の当たりにしたりして転職を決意した人の声が寄せられた。今回はその一部を紹介したい。

町工場でマシンオペレーターをしていた30代女性は、現場の男性先輩から「男がよかったんだよな。女だとキツい言い方で指導できないから。仕事しづらいんだよ」と面と向かって言われたという。ほかにも、社長から、

「職安からの紹介で、断ると紹介してもらえなくなるから雇ったけど、男女雇用機会均等法とかいうけどさぁ……」
「試用期間が終わる頃になったら、退職願い出してね。クビじゃなくて試用期間満期で希望退職ってことにしないと、職安から色々突っ込まれるから」

と言われたという。試用期間後は、お互いの希望通りに退職した。当時を振り返って、「あとにも先にも、こんなに人生を無駄にしたと思ったことがありません」と憤っている。

お気に入りの担当者には経費でバースデーケーキをプレゼント

バイヤーとして働いていた30代女性は、当時の社長がある取引先の女性担当者に入れ込んでいたと明かす。仲良くなるのはいいが、担当者の誕生日には会社の経費でバースデーケーキをプレゼントしていた。

「経費は私の部署分で落とされていました。社長にこれ何ですか?と問い詰めても『いいんだよ。俺が決めてるから』とのこと。部門が月赤字になると『売り上げ上げろ』。都度意見を言っても社長は聞く耳持ってくれませんでした」

外面だけはいい社長に嫌気がさして、女性は退職した。ちなみに社員の誕生日は「今日誕生日だろ?俺覚えてるんだよ〜」と自慢げに言うだけだった。また、サービス業の20代女性は、

「パートやバイトには怒鳴り散らすのに、上司には媚びへつらっている社員を見て辞めようと思いました」

という。人によって対応を変える人間の下で働きたい、という人のほうが少数派ではないだろうか。

「経営者一族と愛人だけ優遇。社員は酷使」「働いていない社長の娘に給与支払い」

管理・事務職の20代女性は、「一緒に仕事をして信頼していたボランティアメンバーから人前で笑われ、蹴られた時。信じられないと思ってしまった」と明かす。技術職の40代女性は、営業だったころの上司について綴った。

「ゲイなので風俗通いの上司に付き合いきれず、カミングアウトしました。言ったその日に取引先の前で暴露され、ネタにされました。帰りの電車で一人泣いてしまった」

理不尽な扱いを受ける人がいる一方で、なにかと優遇される人もいる。クリエイティブ職の40代男性の前職場では、パワハラ社長以上に厄介だったのが、社長の妻だという。名字を変えて社内にいるものの、

「その権限はかなりのモノ。彼女のご機嫌を損ねると無視をされ、事あるごとに責任を押しつけられ、必要以上に責められる。それが原因で辞めていった人数は数知れず……」

と振り返る。また、

「経営者一族と社長の愛人だけ優遇される。社員は給与も安く、酷使されるだけ」(40代男性、管理・事務職)
「社員の給与は昇給なしで据え置きなのに、働いていない社長の娘に給与が支払われてるとわかったとき」(30代女性、管理・事務)

など、経営者の身内贔屓に憤る人もいた。

キャリコネニュースでは引き続き、会社を辞めようと思った瞬間のエピソードを募集しています。


キャリコネニュース

「職場」をもっと詳しく

「職場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ